通信制高校の選び方

学費に注目した方がいい

学校になじめずに不登校になった子供や高校を中退した人たちなど、様々な事情を抱えている人が学んでいるのが通信制高校です。全日制以外で高校卒業資格を得られる手段として、実に大きな意味を持っています。公立と私立の通信制高校の数を合わせるとかなり多く、進路として沢山の選択肢が用意されているのも特徴です。同じ通信制高校でも、システムや雰囲気などが違っています。生徒本人にとって一番よかったと思える学校を選ぶことが大事なのです。まず学費ですが、少しでも経済的な負担を減らしたいなら公立の方がいいでしょう。3年間で卒業するコースなら合計で10万円以内におさめることができます。私立の場合はサポートなどが充実していますが、40万から100万円位卒業までにかかります。

その通信制高校で学べることは

通信制高校には、年齢もその学校に入るに至った事情も、本当にバラバラな生徒たちが通っています。そのような生徒たちと触れ合うこと自体が貴重な経験になりますし、全日制の高校では得られない大きな財産になるのです。コミュニケーション以外で学べることは、その通信制高校のカリキュラムや開設されているコースなどで変化します。高校に通って授業を受ける時間よりも、その分の時間を自分の将来の夢を目指すための努力に費やしたいと思っているなら、専門学校と通信制が合体したような学校の方がおすすめです。芸能系の専門コースがあるところだと、俳優やマルチタレント、声優などの養成コースが選択できます。地方にいながらでも、東京のプロダクションに所属できるチャンスのあるオーディションまで受けられる通信制高校まで登場しました。